普照こども園HOME > 地域の皆様へ

地域の皆様へ

普照保育園に親子で気軽に遊びに来てください。 さまざまな地域活動を行っています。

地域の皆様を招待する活動

  • 夏の夜のお楽しみ

    夏の夜のお楽しみ会

    夏の夜にお楽しみ会を実施します。
    ご家族で遊びに来てください。

  • なかよし運動会

    なかよし運動会

    皆様が参加できる種目もご用意しています。
    日ごろの運動不足を解消。

  • なかよし発表会

    なかよし発表会

    この日の為に一生懸命練習した
    成果をぜひご覧ください。

  • ふっちゃん
このページのTOPへ

園が実施している地域活動

  • 玉ねぎ引き

    玉ねぎ引き

    同地域在住の農家の玉ねぎ畑で、
    玉ねぎの収穫体験をします。

  • 七夕飾り

    七夕飾り

    地元JRの駅へ行き、
    園児が七夕飾りをします。

  • 労働を感謝する活動

    労働を感謝する活動

    地元郵便局、駅、商店、警察署、市役所等を
    訪問し感謝の言葉を贈ります。

  • 餅つき大会

    餅つき大会

    12月の餅つき大会中に年長児が近隣の
    老人宅に行き、つきたてのお餅を配ります。

  • 老人施設訪問

    老人施設訪問

    年3回、複数施設を訪問し老人と交流します。

  • 玉手箱会

    玉手箱会

    卒園した子どもたちがまた行きたいと
    思えるような園でありたい。
    そんな思いで始めた玉手箱会。
    普照こども園を卒園した子どもたちが
    小学校6年生になって小学校を卒業する
    前に通園当時のお友だちと当時のままの
    行事や食事をする同窓会。

このページのTOPへ

消えていった地域活動

戦後30年代後半から40年代前半期から徐々に地域性が失われていったと考えています。その原因を考えると、近代社会の創造の中で、社会全体が過度に地域的合理性の追求に翻弄する中で、横社会を軽視した自己主義的志向が広まり、地域の中で文化活動、伝統的活動がどんどん消えていき、人と人との繋がりも希薄なものになっていってしまいました。
そんな地域現状の中にある保育園、小学校等の今できる役割として消えていった伝統的活動を復活させ、そんな活動の中で大人、子ども、老若男女全ての人々がしっかりとした「人間的くさり」をつなぐ事のできる地域を復活させる担い手になりたいと思っています。

  • ドンド焼き

    1月14日の夜または1月15日に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を組んでやぐら立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物やおもちゃをくくりつけておく。火付け役と火消し役に分かれた大人と子どもが合戦をし、やぐらが倒れたら子どもたちご褒美としておもちゃがもらえる。 合戦後はやぐらが焼ける火で焼いた餅を食べ一年間の無病息災や防火などを願う。

  • 冬のお祭りの子ども神輿

    冬の日に子どもたちだけで神輿を担いで町内を練り歩く。

  • 夏休み中のラジオ体操

    全国的に行われていた夏休み中のラジオ体操。

  • 小学生と保護者合同の空き缶集め

    小学生とその保護者で空き缶を集めをし、集まった空き缶を売って子ども会活動費にする。

このページのTOPへ

園の理念園のこだわり園について園からのお知らせ地域の皆様へ

社会福祉法人 珠光会 幼保連携型認定こども園 普照こども園
〒872-0032 大分県宇佐市大字江須賀1814番地 TEL:0978-38-0362 / FAX:0978-38-0379
Copyright © Fusho nursery school. All rights reserved.