園のこだわり

お買い物に行ってきます!

2015年11月10日

荷台付きの三輪車に大きな何かを乗せようとするお友だちを発見!よく見ると、遠足ごっこで使ったライオンです!

今日は、ライオンと「おかいのもいくの!」と・・・。

 

CIMG0016 

 

ライオンを、荷台に乗せ出発しようとした時に、靴を脱いでいたことにきずき、泣きながら靴を履きにいきました。

見張りは・・・保育教諭

CIMG0021 

ここまで頑張って運転してきましたが、緑の杜の凸凹で進まなくなり・・・おりて押すことにしました!

CIMG0023 しかし、あきらめ・・・ライオンを下ろし・・・自分が乗ることに  。

CIMG0025 他の乗り物に乗っている人は、通りにくそう・・・

CIMG0026 「助けに来てくれた」と笑顔になったのも一瞬・・・「どいて!」

CIMG0027 「どいてっていってるでしょ!どうしてどかないの!」と言われ・・・

CIMG0034 「だめだよ、わたしのだよ!」などと、言い合いをしたあげく・・・。

 

CIMG0036 どうやら折り合いがついたようで、その場をさっていきました。 

CIMG0038 一方、乗っ取りに成功した子は、待ってましたとばかりに、ライオンとどこかへ!

CIMG0040 

秋晴れの下のかわいいハプニングでした。

 

泣いて思いを訴えていたうさぎ組(2歳児)の子どもたちも、言葉で思いを伝え合い、折り合いまでつけられるようになってきました。私たち、大人が助けたり、手伝うことはとてもかんたんです。子どもたちもその時は、嬉しいかもしれません。しかし、その繰り返しが子どもの考えようとする力、生きる力を削っていっているのかもしれません。

 

私たち大人は、子どものかわりに何かをしてあげることや、困難から遠ざけることではありません。また、直接大人が手を出すのではなく、子どもに色々な体験をさせながら、子ども同士の関わりの中で、自ら解決する力が発揮されるのを待ち、一歩下がって子どもを守ることが大切だと思います。

                                              2歳児担当保育教諭

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

園の理念園のこだわり園について園からのお知らせ地域の皆様へ

社会福祉法人 珠光会 幼保連携型認定こども園 普照こども園
〒872-0032 大分県宇佐市大字江須賀1814番地 TEL:0978-38-0362 / FAX:0978-38-0379
Copyright © Fusho nursery school. All rights reserved.