園のこだわり

大迫力のアフリカンサファリ!!

2021年11月05日

10月14日(木)に、かがやき組(4歳児)とこうこう組(5歳児)の子どもたちと“体験バス遠足inアフリカンサファリ”へ行ってきました。

 

行きのバスでは、子どもたちは楽しみがいっぱいの表情で、お話が止まらない様子でした♬

道中、動物のシルエットクイズもしました。ライオンやキリンはすぐわかったようですぐ答えがでましたが、最後の問題は難易度高めなアメリカバイソンにはみんな苦戦していました(笑)

 

楽しんでいると、目的地のアフリカンサファリへ到着!!

事前に決めていた2つのグループに分かれて、園内を見学START★ モルモットを触ってみることに・・・膝の上にのせると「かわいい~」とメロメロな様子でした。中にはちょっぴり怖くて「もう降ろしたい」「膝には乗せたくない、触るだけがいい」という子もいましたが、それも思い出♡

 

リスザルには、ヒマワリの種の餌やりをしました。スプーンに乗せたヒマワリを上手にとって食べる姿はとても可愛らしかったです(^▽^)

 

カンガルーゾーンに行くと、強そうなカンガルーに思わず固まってしまうお友だちや涙を浮かべる姿も。飼育員さんがカンガルーの背中を触らせてくれました。そして、カンガルーにはお腹にポケットがあるはず!そのポケットには赤ちゃんがいるはず!と思った子どもたちは、必死にお腹をのぞき、「おなかみせて!!」とカンガルーにお願いしていました(笑)そんな様子を見て、飼育員さんが「ポケットがあるのは女の子だけだよ。」「ここには、おかあさんカンガルーはいないから、ポケットのあるカンガルーはいないよ。」と教えてくれ、ちょっぴり残念そうでした。

 

 

他にもミニチュアホースやハリネズミなどの動物も見て、待ちに待ったお弁当の時間★

お家の人の愛情のこもったご飯をおいしくいただきました♡

 

 

その後は、一番楽しみにしていたのではないかと思われるジャングルバスでの餌やり体験!!

間近で見る動物の迫力に圧倒されている子どももいましたが、なんとか餌やりを体験できました。ライオンゾーンに入ると「こわい~~~」と大号泣の子や今か今かと早く餌やりをしたい子、「怖いから餌あげない!!」と椅子にしがみついている子・・・。

 

迫力のあるジャングルバスは、それぞれいろいろな思いを感じ、貴重な体験になりました。また、ドライバーさんが子どもたちの会話を聴き取り、答えてくれたり、豆知識を教えてくれたりと楽しい時間を過ごすことができました。たくさん楽しんだ分、帰りのバスはぐっすりな子どもたちでした。

 

こども園に帰ってからは、こうこう組の子どもたちは、さがしてみようカードに書いてある質問に分かった答えを書きました。知らなかったことをたくさん知ることができ嬉しそうな子どもたちです★

 

園長先生がみんなにお土産を買ってくれ、動物のフィギュアやぬいぐるみがこども園に仲間入りしました♡

さっそく、フィギュアで動物園をつくり、アフリカンサファリごっこを楽しんでいました。モルモットが怖くて触らなかったおともだちやライオンが怖くて餌をあげられたなかったおともだちも、ぬいぐるみなら仲良くなれました♡

 

笑いあり涙ありな体験バス遠足となりましたが、子どもたちにとって良い思い出、良い体験ができました。

保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。また、朝早くからのお弁当づくりお疲れ様でした。久しぶりのお弁当に子どもたちは大喜びでした♡

 

3歳以上児担当保育教諭

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

園の理念園のこだわり園について園からのお知らせ地域の皆様へ

社会福祉法人 珠光会 幼保連携型認定こども園 普照こども園
〒872-0032 大分県宇佐市大字江須賀1814番地 TEL:0978-38-0362 / FAX:0978-38-0379
Copyright © Fusho nursery school. All rights reserved.