園のこだわり

2015年01月31日

普段、園でどのように過ごしているか気になり、またお友だちのことも知ることができる

良い機会だったので、保育体験に参加しました。

 

我が子は2歳9か月ですが、お友だちの中で協調性を持って接している様子が見られました。他にも家では気づかない点も見られました。

まだ兄弟がいないので、我が子ができないことをできるお友だちが居るのは、とても良い刺激になると感じました。

 

りす組(1歳児クラス)保護者Mさん

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月30日

19日の柳ヶ浦小学校授業見学に続いて、22日(木)に「保幼小連絡会」がありました。

小学校側からは、最近の子どもたちはゲーム中心で、室内で遊ぶことが多いことからあそび経験が少ない。

たくさん体を動かしてあそんで欲しい・・・。という話がありました。

 

1年生の教室にも

 

あ ・・・ あいてをみて

い ・・・ いいしせいで

う ・・・ うなずきながら

え ・・・ えんぴつをおいて

お ・・・ おしまいまで、はなしをきく

 

という目標が掲示されていました。

話を聞くことの大切さを改めて感じました。園でも常に子どもたちに伝えていますが、

これからも自然と身に付くような保育を心掛けていきます。

3歳以上児担当保育士

 

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月29日

1月19日(月)に青組(5歳児クラス)は、

柳ヶ浦小学校の授業見学に行きました。

4月に小学生になる子どもたちが、保育園

から小学校へ円滑に移行できるよう、

1年生の授業を見学したり、図書室やコンピューター室、

トイレなど校内の見学をしました。

 

教頭先生が鍵を開けてくれて、「特別な部屋」に入ることができ、

とても嬉しそうな子どもたちでした。

「お兄ちゃん・お姉ちゃん(卒園児)に会えて嬉しかった!」

「お勉強しているところが、かっこよかった!」など

感想を話してくれました。

1年生になるのが待ち遠しい様子の子どもたちでした。

 

 

3歳以上児クラス担当保育士

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月23日

うさぎ組(2歳児)の子どもたちは、登園してから自分の荷物を整えると、おやつの時間です。

 

おやつの準備も子どもたちでしています。テーブルから椅子をおろしてテーブルクロスを敷き、布巾でテーブルを綺麗に

拭いてくれます。他にも口拭き用のタオルをたたんでくれたり、鏡を設置してくれたりと自主性がどんどん身に付いています。

 

ある朝、おやつは「みかん」でした。いつもは、おやつを食べながら話が弾み、楽しそうにしている子どもたちですが、

この日は様子が違いました。ある男の子が、みかんの「白い筋」を剥いているのを周りのお友だちが気づきました。

「そのまま食べていいんだよ。」と伝えたのですが、周りのお友だちも真似をして一斉に剥き始めました。

 

真剣な表情で皮を剥くことに集中し、しばらくの間会話もなく「シーン・・・」

その姿がとても可愛らしすぎて、私たちも笑いをこらえるのが大変でしたが、癒されました。

2歳児は単独保育です。4月の頃の様子と比べると、子どもたちは集団の中で、色々なものが育っていることを感じることが出来ました。

 

副園長

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月21日

ひよこ組(0歳児)の子どもたちは、保育士が掃除機を持ってくると一斉に集まってきます。コンセントをさして掃除機をかけようとすると既にスタンバイOK!!

スイッチは入ってなくても、動かしてかけた気分を味わっています。

スイッチが入ると大興奮!!「貸して」と言わんばかりに声を出して、子どもたちはアピールしてきます。

貸してもらえると、満面の笑みで掃除機をかけてくれます。

子どもたちは大人の行動をしっかりと見ていて

掃除機のかけ方をマスターしているのでびっくりです。

小さな掃除機隊は毎日大忙しです(笑)とっても可愛い姿に、ほっこりしています。

0,1歳児担当保育士

 

 

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月19日

1月18日(日)、院内文化交流ホールにおいて、「第23回宇佐市保育研究大会」が開催されました。宇佐市の保育者が集まることは休日しかできない中、市内28園の多くの保育者が研修に参加してくれました。

 

今回の研修は、第1部は普照保育園が1月29日の大分県保育事業大会で発表する「保育者の資質向上 ~見守る保育の研修をしていく中で、保育者の資質向上を目指す~」という研究内容を一足早く宇佐市の保育者の前で発表しました。

 

「大人主導の一斉保育」から「子ども主体の保育」へ変えていく苦労や悩み、「子ども主体」を目指し保育者が努力していること、保育者、または子どもたちの何が、どこが変わってきたのか等を夏頃から何度も話し合い、見守る保育を知らない保育者が聞いても分かるようにまとめ、発表しました。

後日園長会において各園からのレビューをいただくことになっていますが、発表後早速他園の先生から、見守る保育を通しての普照保育園の取り組みについて、たくさんの有り難い意見や素晴らしいといった感想をいただきました。

 

 

第2部は「死を招いた保育」という題で、東京きぼう法律事務所・寺町弁護士を招き、平成17年埼玉県上尾市の公立保育所で発生した4歳児死亡事故についての講義を受けました。園のずさんな保育や対応、保育者の質の問題等、私たちが発表したテーマとリンクする点が多々あり、とても勉強になる研修でした。

今朝、今回学んだことを早速実行している保育士を見ることができ嬉しく思いました。

また、22日の職員会議・園内研修で振り返りリスクマネジメントを行う予定です。

 

副園長

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月16日

1月のふっちゃんランチは「干支」にちなんで「ひつじ」にしました。

ひつじの顔は、旗を使って体はわかめご飯で作りました。

ひつじが、足を隠して座っているように見えますか?

 

 

おかずは豆腐の中華煮と煮豆とりんごと保育園で収穫したレタスです。

 

 

食べる前に「何でひつじだと思う?」と聞いてみると、「かわいいから!」などの

反応もありましたが「今年はひつじ年だから」とすぐに気づくお友だちも

居ました。

また、「足がないから、どうやって作ろうかな~?」と

お友だち同士で楽しそうに話しながら食べていました。

 

給食担当

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月14日

「マカロニ黄粉」は、保育園で人気のおやつの一つです。

マカロニを茹でて、好きな甘さに味付けをした黄粉をつけたらできあがりです。

マカロニといえばサラダやグラタンなど、おやつよりおかずのイメージがありますが、黄粉にも合うのです。

子どもたちは、おやつが「マカロニ黄粉」の日は、とっても嬉しいようです。

簡単なので、ぜひお家でもつくってみてください!

給食担当

 

 

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

2015年01月13日

うさぎ組(2歳児)と桃・黄・青組(3歳以上児)は、おやつを一緒に食べています。

うさぎ組(2歳児)は、最初はおかわりの仕方、おかわりの時に使うトングの使い方がわからなかったですが、桃・黄・青組(3歳以上児)のお友だちに教えてもらったり、トングを使っている様子を見て真似をしたりして上手になりました。

異年齢保育の良さを感じることができました。

給食担当

カテゴリ: 園のこだわり

このページのTOPへ

園の理念園のこだわり園について園からのお知らせ地域の皆様へ

社会福祉法人 珠光会 幼保連携型認定こども園 普照こども園
〒872-0032 大分県宇佐市大字江須賀1814番地 TEL:0978-38-0362 / FAX:0978-38-0379
Copyright © Fusho nursery school. All rights reserved.