普照こども園HOME > 園の理念

園の理念

普照こども園は一人一人の「人格」を大切にしています。 全ての園児が毎日ワクワクしながら登園してくる園づくり

当園は、浄土真宗本願寺派「妙光寺」境内に、初代理事長が昭和25年に「仏の心を育み、仏の子どもを育てる」ことをモットーに開園しました。

人間形成の基礎を培う大切な幼児期に、1日の生活時間の大半を過ごすところが保育園です。
私たちの保育園は、家庭的な雰囲気のなかで、喜んで通園し、保育士や職員は親代わりの気持ちで園児に接する園づくりを目指しています。
それぞれの個性をひきだし、お互いの人間性を尊重しながら、一人一人の育ちを援助していきたいと思います。
子どもは、遊びを中心とした自由な活動、時間のなかで「自主性=やる気」、探究心を培い、感動し喜びを知るようになります。当園では主に下記の保育に力を入れています。

見守る保育

良い保育環境(物的環境、人的環境、空間環境)を通して、一人ひとりの子どもの発達を見守りながら、自立、自律の精神、協同の態度を養います。

食を大切にする保育(食育の推進)

食べることはいのちをいただくこと。野菜の栽培などを通じて、命の大切さを認識させ、感謝の心を育む。食べる楽しさ、作る楽しさを知り、家族の人たちとともに、その楽しさを味わいます。

このページのTOPへ

園の環境・特徴

遊びこめる園庭・遊具

築山

山の下を貫通するトンネルの中を通ったり、ロープやネットを使って登ったりといった体を動かす事から、茂っている雑草を取ったり増殖する虫を探したりなど好奇心を満たしてくれる築山。
バッタ、イナゴ、蟻、ダンゴムシ、蝶、トンボなどの様々な虫の他にも意外な発見があるかも。

園庭の木々

園庭の木々

園庭には様々な種類の木が植えてあり、夏にはせみ取りをしたり木登りなんかも。キウイ、ブルーベリー、ブラックベリーの木もあり、夏から秋にかけていっぱい実をつけます。

様々な遊びのゾーン

遊びコーナー

野外だけでなく室内にも遊ぶところがいっぱい。
雨が降っても好きな遊びを選んで遊びこめます。

食育

食事コーナー

食事場所と遊び、寝る場所を別々にし、
楽しく、おいしく食事ができる場所を設置。
セミバイキング方式なので自分で食べる量を決め、食べ終わると自分で片付ける習慣を身につけながら食育を実施。食育の歌で赤・黄・緑色の食べ物をバランス良く選べるようになります。

外部講師による指導

運動遊び教室

・運動遊び教室
・硬筆教室
・ストライダー教室

外部より専門の指導者にきていただいて、
体力づくりや礼儀などを学んでいます。

このページのTOPへ

園の理念園のこだわり園について園からのお知らせ地域の皆様へ

社会福祉法人 珠光会 幼保連携型認定こども園 普照こども園
〒872-0032 大分県宇佐市大字江須賀1814番地 TEL:0978-38-0362 / FAX:0978-38-0379
Copyright © Fusho nursery school. All rights reserved.